どうやって選ぶ!?ドライバーの仕事の種類

ドライバーの仕事はどんなものがあるの?

小さい頃にバスの運転手に憧れたり、車の運転が得意だから仕事にいかせないか、様々な理由でドライバーの仕事に興味を持っている方が多いのではないでしょうか。ドライバーの仕事といっても種類は様々です。一人で運転するのが好き、お客様とコミュニケーションをとりたいなど、自分自身にあったドライバーの仕事を探したいですよね。

長距離を走るならトラックドライバー

荷物の輸送をするトラックドライバーはトラックの大きさで走る距離が違ってきます。大型トラックは県を超えて全国各地に荷物を届けるため、一人で長時間運転を続けたい方におすすめです。中型トラックは大型トラックよりも走行距離が短くなります。大事な荷物を決められた時間までに届ける物流の要となる仕事です。11トン以上の大型トラックには大型免許が、5トン以上11トン未満の中型トラックには中型免許がそれぞれ必要になります。更に走行距離が短い小型トラックならば普通免許で運転することが可能です。

お客様と関わりが深いドライバーの仕事

地域の住民を乗せて走るバスのドライバーや、様々なお客様を乗せて走るタクシードライバーは運転かつ人とコミュニケーションを取りたい方におすすめです。路線バスのドライバーは多くのお客様を乗せながら時刻表通りにバスを走らせます。他に、より長距離を走る観光バスの仕事もあります。タクシードライバーは個人のお客様を希望通りの場所まで乗せる仕事です。どちらも命を預かる、お客様を乗せる緊張感がありますが、運転しながら人と触れ合えるメリットがあります。バスドライバーには大型2種免許が、タクシードライバーには第2種運転免許がそれぞれ必要になります。

神奈川県は人口の多い横浜市があり、すぐ隣は東京なので配送関係の仕事は人手不足です。それ故に神奈川のドライバーの求人は求職中の方にとって要注目だと言えます。