タクシーで働きたい!タクシードライバーの仕事のメリットやデメリットについて

人間関係のしがらみがない

職場の人間関係に疲れて仕事を辞めたいと思う人は多いものです。しかし、タクシードライバーとして働けば、人間関係で転職を考えることはほとんどないでしょう。上司や同期と顔を合わせるのは、営業所に出勤した直後と、帰庫してから退勤するまでの短い時間のみ。仕事は誰に指示されるでもなく、全て自分の意志で決定できるので、ストレスフリーで働けるでしょう。「人間関係に疲れきったしまった」、そんな人はタクシードライバーに転職するのも1つの手となります。

本人の頑張り次第で大きく稼ぐことができる

タクシー会社は歩合制という給料体系を採用しているため、売上が増えるほど給料も上がっていきます。タクシードライバーは年収が低いとよく言われますが、実力があるトップドライバーの場合、600万円~800万円という高額な年収を得ている人もいるのです。タクシーの利用者が多い東京都内で働いたり、効率よくお客さんを捕まえるコツを身につけたりすれば、誰でも高収入を目指すことができます。実力をつけて沢山稼げるようになった時の達成感や喜びはタクシードライバーならではのものであり、これは固定給制の職業ではなかなか味わえないものです。

収入がなかなか安定しない

タクシードライバーの仕事は月々の給料が安定せず、不安を感じやすいというデメリットがあります。業界未経験で右も左も分からない状態の場合、最初の数カ月はコツがつかめず、思ったように稼げないということもあるでしょう。売り上げが伸びなくて給料が少ない状態が続くと、生活していくのも困難になってしまいます。このようなデメリットをなくすためには、 研修制度等のサポート体制が充実している所や、給与保証がある会社に就職することが大切です。

大阪のドライバーの求人を探すときには、ドライバーの数が不足している地域を重点的に探すと見つけやすいです。