人を乗せるか、物を運ぶかで大きく異なるドライバーの仕事

人を乗せるドライバーの仕事

ドライバーの仕事の種類は、人を乗せるか、物を運ぶかによって大きく異なっています。まず人を乗せるドライバーの仕事は、タクシーやバスなどが主流です。タクシーは小人数のお客さんを乗せて、一人ひとりの目的地まで移動します。24時間体制で稼働しているタクシー会社も多く、人口が多い大都市圏で需要が多いと言えるでしょう。一方、バスのドライバーは、たくさんのお客さんをバスに乗せて、決められた時間に運行します。バス停は各市区町村毎にあらゆる場所に設置されており、安全かつ時間をしっかり守って運転することが大切です。バスは車を持っていない人にとって大切な移動手段となるため、日本全国で一定の需要があります。

物を運ぶドライバーの仕事

タクシーなど人を乗せるドライバーの仕事と同様に高い需要が見込めるのが、物を運ぶドライバーの仕事です。これはトラックドライバーが主となっており、運転するトラックの大きさによって勤務体系が大きく異なってきます。まず大型トラックを運転する場合は、長時間に渡って長い距離を運転するケースが多いです。運ぶ物は実に様々で、完成された電化製品を運ぶトラックもあれば、建築資材などを運ぶトラックもあります。泊りがけで仕事をする場合も少なくありません。一方、小型から中型のトラックドライバーは、近距離の運搬を行うのが一般的です。具体的には、大型トラックで拠点に運ばれた商品を届け先の自宅や企業に届けたり、様々な小売店に販売する商品を届けたりします。遠距離を運転する場合は少なく、日帰りの仕事が多いと言えるでしょう。

岐阜のドライバーの求人は、東海地区(岐阜県・愛知県・三重県)を活動エリアとする求人が中心になっています。