ハードルは高いの?役員運転手になる方法!

難関な求人という訳ではない

役員運転手という文字を見ると、会社重役の命を預かる難しい仕事というイメージを抱く方もいますが、実際はそうではありません。もちろん車を運転する以上事故を起こしてはいけませんし、万が一乗せている役員に何かあれば責任を問われます。ただ、仕事内容としては安全に運転して目的地へ運ぶだけなので、特別難しい作業ではないのです。故に折込広告や求人サイトなどでも役員運転手の掲載はあります。車の運転がほとんどないような方であれば難しいかもしれませんが、ある程度運転経験があって無事故無違反であれば問題ありません。会社によっては研修制度もあるので、しっかりと学んでから働けます。

問われる守秘義務の意識

役員運転手は、乗せている役員と他愛のない雑談をすることもありますが、重要な電話をしている場合もあります。社外には絶対に出せないような情報や戦略を口にすることもありますが、どうしても聞こえてしまいます。全ての社会人に言えることではありますが、自社の機密情報を外部に流出させることは、あってはいけません。流出させれば守秘義務違反で損害賠償を請求される可能性があります。

人間性の良さも求められる

役員運転手は直接経営などに口を挟む訳ではありませんが、常に役員の近くで働くことになります。その中で取引先の重役と顔を合わせることもあるので、しっかりと挨拶をするのはもちろん身だしなみも整えておかないと印象を悪くします。運転手の言動一つで乗せている役員の仕事に影響する可能性もあるので、注意が必要です。

運転手の派遣業務には、会社の運転手やデイサービスなどの送迎があります。また、学習塾などの習い事の送り迎えにも活用されます。