電話での面接ってどうなの?気をつけるべきポイントは?

電話面接は対面面接に比べて気楽?

面接の方法にはさまざまなスタイルがありますが、最近増えているのが電話面接です。書類選考に通って面接段階に進むことができた人の中には、応募した会社が電話面接と知って不安を感じている人も多いと思います。電話面接は対面面接と違い、面接官と顔を合わせることもありませんし、態度や表情などをチェックされることもありません。しかし、電話面接だからと気楽に考えていると思わぬ失敗をしてしまうことがあるので注意が必要です。電話面接を受ける時に気をつけなければならない点には次のようなものが挙げられます。

どこで電話をするかがポイント

まずは電話面接を受ける場所で、電話で話ができるところならどこでも良いイメージがありますが、屋外やカフェなどの店舗内だと、周囲の騒音で相手の話が聞き取れなかったり、こちらの声が相手に聞こえない場合があります。また、大事な面接を受けているということを知らない知人が、急に声をかけてきたりすることも考えられます。そのため、雑音を気にせずに落ちついて面接が受けられる自宅が最適と言えるでしょう。

電話面接では話し方も重要

面接を受ける時の話し方も重要なポイントです。電話を通した声は普段と違って聞こえたり、小さく聞こえてしまうこともあります。表情が見えない分、声の印象だけで人柄や性格まで判断されてしまうことも多いため、普段よりも意識してハキハキと明るい受け答えをするのがポイントと言えるでしょう。

また、身振り手振りや表情の変化が見える対面面接と比較して、声だけの場合は話が長く感じられることがあります。そのため、電話面接の場合は質問の意図をすばやく理解し端的に答えることが重要と言えるでしょう。

仕事探しとは、求人雑誌やWEB媒体を利用して、働ける場所を見つけることです。正社員・アルバイトの雇用形態は問いません。