実力主義の外資系の会社でキャリアを積もう

外資系の会社の転職前のキャリア診断のポイント

外資系の会社の職種や仕事の進め方については、国内企業と異なる特色があるため、余裕を持って興味のある会社の従業員の働き方を調べることが大切です。また、外資系の会社に特有の職種もあるため、就職活動を始めるにあたり、求人サイトを利用したり、転職エージェントに相談をしたりすることでキャリア診断をすると良いでしょう。例えば、海外勤務の可能性の高い営業職やマーケティング職などで働きたい場合には、英語をはじめとする外国語のスキルが仕事上で必要となることがあります。また、外資系の会社で専門性の高い職種にチャレンジをするにあたっては、ある程度の実務経験が要求されることもあり、無理なく働ける職場を見極めることが大事です。

外資系の会社に必須の英語のメールをマスターするには

外資系の会社の中では、外国人のスタッフが多く働いている職場もあり、最近では社内の公用語として英語が使われているところも増えています。特に、社内で異なる部署のスタッフに業務連絡をしたり、取引先や顧客とのやり取りを行ったりするうえで、英語のメールの能力が求められます。そこで、ビジネスシーンに役立つ自然な英語のメールの書き方や、外国人とのコミュニケーションの取り方について、早いうちから勉強を始めることがおすすめです。スタッフの人材育成に力を入れている大手の外資系の会社では、研修の機会に英語のメールに関するレクチャーをしてもらえるところもあり、新卒者や他職種からの転職者であっても安心して働き始めることができます。

外資系の転職では、学歴や年齢など日本企業で重視されること以上に、これまでのキャリアや実績が求められることが多いです。自身のキャリアを振り返り、アピールポイントについて考察しておくことが大切です。